会社概要

医療モール 株式会社エフアンドエフ

医療モール

オリーブ薬局 医療モール上空図写真

弊社エフアンドエフの大きな柱の一つに医療モールの展開があります。医療モールは、 複数の科の専門医による診察が受けられる複合型医療施設のこと で、調剤薬局を核に複数の専門クリニックを同一敷地に集める形態を指します。

医療モールのメリットは、大学病院などの大きな病院で一度に複数科を受診する場合、通常1日かかるところを短時間で診察が済むということ、さらには研修医ではなく経験をつんだ専門医による診察を受けられることなどがあげられます。

医療モールという事業はアメリカでは先例が見られるものの、日本では浸透しきれていないのが現状です。

弊社エフアンドエフは、医療業界の大きな柱として医療モールが成長していくであろうと予測し、早い時期から弊社でも医療モール設立を助力していきたいと考えておりました。

早期の着眼が幸いし、平成15年 栃木県佐野市に医療モール隣接の薬局「オリーブ薬局」を立ち上げ、さらに平成18年 茨城県結城市に同形態の「あじさい薬局」を開局することができました。

平成20年6月には佐野医療モールがさらに拡充し、5科(皮膚科・耳鼻科・眼科・婦人科・内科)となりました。総合病院に近い規模の処方箋を応需する「オリーブ薬局」はもちろん忙しい薬局ですが、薬剤師が自己研鑽する場としては申し分ない薬局でしょう。

今後は栃木県宇都宮市の総合病院である済生会病院に隣接した「わかば薬局」を三番目の医療モール型の薬局として稼動させていく方向です。

上記「オリーブ薬局」「あじさい薬局」が応需する処方箋枚数は徐々に伸びております。これは地域住民の指示が得られていることと同義であると考えます。

企業が成長していく上で大きなファクターとなり得るのは、自社のブランド化・他社との差別化であります。「オリーブ薬局」「あじさい薬局」を立ち上げ、軌道にのせることのできた弊社の実績とノウハウは、そのまま他社との差別化につながると少々自負しております。

医療モール展開実績

  • 【平成15年】 栃木県佐野市に医療モール隣接の薬局「オリーブ薬局」を開局
  • 【平成18年】 茨城県結城市に医療モール隣接の薬局「あじさい薬局」を開局
  • 【平成19年】 栃木県宇都宮市の総合病院済生会病院に隣接の「わかば薬局」を医療モール型薬局として開局
  • 【平成20年】 佐野医療モールが5科(皮膚科・耳鼻科・眼科・婦人科・内科に拡充