患者様と薬剤師を大切にするこの職場でずっと働きたい――そう思える日々を送っています。
01 小西 恵理 2014年入社 なでしこ薬局 薬剤師 出身大学:国際医療福祉大学

女性が長く活躍できる環境で地域医療に貢献したい

私は地元の栃木で地域医療にかかわれる調剤薬局を志望していました。なかでも当社は多店舗展開しているので、幅広い疾患や薬の知識を学べ、将来的にキャリアを高めていくにも最適な環境があると思って入社しました。また、結婚や出産をしても続けたいので、出産休暇や育児休暇、住宅手当などの福利厚生が充実していることも決め手でした。
普段は基幹病院からの処方せんを主に扱う「なでしこ薬局」で、調剤や服薬指導をしています。多科目の処方せんを扱い、抗がん剤処方では病院の薬剤師との連携も行います。入社して感じたことは、当社は安全面にとても配慮しているということ。当社の薬剤師は、調剤と監査・服薬指導を分担し、時間帯や日によって交替しているので、患者様に安全にしっかり薬を届けられる環境があると思います。
当店は基幹病院に近いこともあり、足腰の悪い方や症状が重い方などへ配慮され、感染症への感染防止にも役立つドライブスルーを併設しており、多くの方にご利用いただいていることが特徴です。対面する時以上に丁寧に患者様の情報を聞き出して服薬指導をしていくことが求められるので、コミュニケーション能力を磨いていくことは大切ですね。


ちょっとした配慮で、患者様が笑顔になる

心掛けて取り組んでいることは、普段から疾患や薬について勉強し、知識を蓄えていくことです。その知識をもとに、それぞれの患者様の年齢や性別、ライフスタイル、剤形にも合った服薬指導ができると、やりがいや仕事の面白さを実感します。特にお子様は薬を嫌がることもあるので、一人ひとりに合わせた対応が大切だと思います。以前も粉薬が苦手な小児の患者様がいらした時に、お母様に錠剤を飲めるかを確認し、医師に切り替えを提案して錠剤に変更したところ、とても喜んでいただきました。小さなところからでもアドバイスし、役に立てたら嬉しいです。
職場は和気あいあいとした雰囲気で、仕事中は真剣ですが、一息つくときなどは雑談もできる関係があります。わからないことがあっても聞きやすいですし、頻繁にアドバイスもいただきます。また、調剤薬局は休みづらいイメージがありましたが、当社は薬剤師の数が多く他店舗との連携やマネージャーのサポートなどにより、休日もしっかり取れています。
目標は地域包括ケアシステムの活性化に貢献していくこと。そのためにもまずは私たち薬剤師から地域や患者様に声をかけて、在宅医療にも積極的に取り組んでいきたいです。

PAGE TOP